東京周辺の方に口コミで評判!同窓会幹事代行サービス業者5選を運営依頼をおすすめしたい順に比較形式でご紹介!

名簿がなくても同窓会幹事代行業者に依頼できる?

同窓会は幹事役が現れないことで開催のきっかけがないケースも多いですが、そんな時にも役立つのが幹事代行サービスを行なっている業者です。

経験も豊富なプロに依頼することで、面倒な手間もかからず当日には全員が楽しむことができます。

しかしいざ依頼となった時に名簿がないとなれば、任せることはできないのではないかと悩むのではないでしょうか。

 

依頼する業者や年代による違いについて

一口に幹事代行業者といっても、今の時代では数多く存在しておりサービス内容にも違いがあります。

一昔前は基本的に名簿が必須となっていましたが、個人情報保護法が施行されたことにより、卒業アルバムなどに住所が表記されることが珍しくなり、連絡先をアルバムから調べることはできないという若い年代の人も増えています。

若い人の場合にはSNSで連絡先を知ることができるケースも多く、その場合には案内状発送は行わないということも珍しくはありません。

しかし年配の人となればSNSは行っていない人も多いので、名簿がないとなれば代行業者としても連絡先の入手が困難となり、引き受けてもらえないということもあるので気をつけておきましょう。

 

インターネットを使って連絡する方法

同窓会は規模が大きくなりかなりの人数に案内状を送付しなくてはならず、送付や出欠の確認だけでも大きな負担になります。

名簿がない場合はもちろんある場合でも、引っ越しや転居により連絡先がわからず思いの他手こずることもあるのではないでしょうか。

幹事代行業者を利用することで、そのような負担を大幅に軽減することができるという利点があります。

案内状送付や転居者を探す、出欠集計といった準備で手間がかかる部分も代わりに行ってもらうことができれば、負担も大きく軽減させられます。

今の時代ではインターネットの普及により、住所まではわからなくても連絡は取ることができるケースがかなり増えています

代行業者に依頼した際にもSNSを使い連絡を取っている業者も珍しくはありません。

もちろん必ずしも連絡が行き届いているとは言えませんが、それは案内状を送付した時でも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

業者の選び方のポイントについて

基本的には名簿があることが条件というところも多いですが、時代の流れと共にインターネットから探すということも代行サービスの一部に含まれている業者も増えました。

名簿があっても転居先不明者に対してリストアップをし、探すための行動を行うことをサービスとして行っている業者もあります。

連絡先がわからなかったり住所が不明な場合には、サービスが充実している業者を選ぶことでより多くの出席者を集めることができます。

もちろんプライバシー面に対して信頼できるのかということは、忘れずチェックしておくようにしましょう。

 

今の時代は名簿がなくても同窓会の幹事代行を依頼することができる業者は増えており、誰もが手間なく同窓会の開催を提案することができるようになりました。

一口に代行してくれる業者といっても、サービス内容や料金、実績など異なる点は多岐に渡ります。

それぞれの特徴を把握し、信頼できる業者に依頼することがポイントとなってきます。




サイト内検索