東京周辺の方に口コミで評判!同窓会幹事代行サービス業者5選を運営依頼をおすすめしたい順に比較形式でご紹介!

人数が少なくても同窓会幹事代行業者に依頼できる?

同窓会は昔の仲間に再び出会うことができ、若かりし頃の思い出を振り返ったり盛り上がる場、参加することは楽しみという人はかなり多いです。

しかし同窓会を開催するとなれば悩みとなるのが、幹事の存在ではないでしょうか。

当然ながら幹事役がいないことには同窓会は開催されることはありませんが、メンバーに連絡をして参加の有無の返事を受け、日時や会場を決めたりとイメージしている以上に手間と時間がかかります。

準備だけが大変というわけではなく、当日にも出席者のチェックの受付や会費の徴収など大変なことは盛りだくさんです。

参加はしたくても幹事にはなりたくないという人が大半ではないでしょうか。

そんな時に役立つサービスとして近年人気を高めているのが、幹事代行業者です。

経験豊富なプロに任せることで、よりスムーズに開催することができ満足度も高い同窓会にすることができます。

業者によりサービス内容や料金には違いがありますが、見逃してはならないポイントの一つが最低参加人数は何人からかという点です。

業者による最低人数の違いについて

一口に幹事代行といっても数多く存在していますが、業者による料金の違いはそれほど差はないケースが多いです。

幹事の代行サービスは参加者の人数により儲けに大きな違いが生まれることになるので、参加者が少ない依頼は受け付けないという業者も少なくはありません。

参加する人が多いほど儲かるシステムとなっているので当然のことではありますが、初めての同窓会などどの程度人数が集まるか不明という場合には、業者の最低人数は何人からなのかに気をつけておくべきと言えます。

代行サービスを依頼できる目安として、一学年以上の規模となっている業者が多いです。

もちろん学校によって一学年何名の生徒が在籍していたのかにも違いがあるので、具体的な数は決めていない業者も多くまずは問い合わせてみるべきではないでしょうか。

同窓会といっても学校のものもあれば、それ以外のサークルや大人になってからの集まりにも対応している業者も増えており、人数の融通もきくところが増えつつあります。

業者の探し方や選び方のポイントとは

幹事代行業者は、同窓会を開催するお知らせから会場の予約、プラン内容など様々なことを代行してもらうことができ非常に役立つサービス内容となっています。

しかし一口に代行業者と言っても数多く存在しており、それぞれ異なる点はあるので良く比較してから選ぶようにしておきましょう。

その中でも気になるのは、依頼したことで必要になる費用ではないでしょうか。

代行業者はボランティアではないので、依頼することで当然料金が発生することになります。

その金額は参加者で割ることになるので、一人頭いくら必要になるのか見積もりを取りしっかり把握しておく必要があります。

注意しておかなくてはならないポイント

経験豊富な幹事代行業者は、必要となる費用の最低金額のおおよそを予測することができるので、余程でない限りは赤字になることはありません。

きちんと考えている業者に依頼すれば、後々追加の費用を請求されるような無用な出費も起きません。

同窓会の場合は参加できるといっていた人が当日になり、急遽欠席になるということもよくあります。

そうなった時には、欠席の人の分をどう補うのかも業者と事前に話し合っておく必要があります。

最低人数が決まっている場合で、参加者が当日減ってしまい契約時の数と大幅に変わるとなれば、最低人数分は支払わなくてはならないケースが大半ということも忘れてはいけません。

まとめ

同窓会の幹事はイメージ以上に大変ですが代行サービス業者に依頼することで、幹事も楽しむことができるようになります。

依頼時には最低人数は何人かを確認しておき、複数から見積もりを取ったりサービス内容を確認してから依頼しましょう。




サイト内検索
記事一覧